黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
URL:http://ncode.syosetu.com/n5780j/

「万剣の王/幻想の王」 東方 評価B-

英霊エミヤ。叶わない理想を追い求め、戦い続ける生涯を終えた万剣の王。
正義の味方という都合の良い存在は物語を追われ幻想となりました。
そうして始まる新たな幻想。自身の欠片を探し、想像する物語。
つまり幼少期の紫や幽香を拾ってニヤニヤ子育てするお話しです。

理想をブロークンしたエルフの次はどこまでも視界一杯に広がる青空。
――そう、彼は飛んでいるのだった。その身を果て無き大空へと自由に。
お陰で見渡す事ができる絶景、それに混じる血を大地で染めた地獄絵図。
そこが彼の理想との境界。未だ幼くもその身に強大な力を秘める少女との出会い。

残念な事にここで紫の育ての親は死亡。その最後を見届け代わりに守る事を誓います。
この幼女紫、最初は素直で可愛らしいのが除々に胡散臭く。全く誰に似たのやら。
そうして尊き母と紅い騎士の背中を見て育った彼女はいつしか人間に興味を持ち。
あの輝きをもう一度。境界の娘は女として並び立つために世界を見て回ります。

そうして別れて二十年。かって自分が想いを馳せた人間の姿を思い浮かべ。
そこで出合ったのが襤褸を一枚だけ羽織り、泥に汚れた髪を腰まで伸ばす少女。
えぇ、幽香です。向日葵畑に一人佇む彼女は超加虐生物なんて嘘のような純真さ。
自身の名前すら知らない少女にエミヤは家族になろうと提案。このロリコン共め!

そうして子育てのニヤニヤを楽しむ傍ら物語はややシリアスで展開。
どこにも存在しない理想と現実に苦しむ紫に本当に独りぼっちとなった幽香。
でもそんな展開も紫と幽香の女の戦いで帳消し。べったりするためのスパイス。
ゆうかりんが可愛すぎて生きてるのが辛い。悩み悩めよ若人達の物語。
URL:http://www.mai-net.net/bbs/sst/sst.php?act=dump&cate=tiraura&all=14157&n=0#kiji

「石見の書き綴る日記」 東方 評価B-

主人公は石の妖怪。数千年という年月を経て妖怪へと成った岩。
そんな彼女は昼間は辺りを眺めて夜はのそっと辺りを練り歩き。
おまけに石の上にも三年を地でいくおっとりポヤポヤ癒しの美人。
これはそんな石の妖怪があっちへゴロゴロこっちへゴロゴロ転がる日記の物語。

今日も月光を浴びて輝く日々。しかしさすがに退屈なので日記を記す。
丁度付近では吸血鬼が異変を起こしたり巫女が暴れたりと暇潰しには事欠かず。
なにやらスペルカードという遊びも判明したりと彼女の重い腰も上がりそう。
合間に冬だというのに珍しく隙間が開けばお喋りしたいと一体何を考えてるやら。

そうして観察日記は日々順調に書き溜まり。異変や出会いにひっきりなし。
幻想郷随所での彼女の主観で綴られる出来事は中々に興味深いものであり。
路傍の石と侮る無かれ。しっかり大妖怪の彼女は見所を用意してくれます。
一見石のようにお固い文章からのイメージを打ち砕く天然さが徐々に判明。

挿話ではこの語り手の彼女の実体が藍や文などの視点により明確に。
石の上にも三年とあるだけに誰の上にも立たない石の彼女は温厚にすぎる。
気のながーい彼女は近頃ようやく浮遊術を思い出したりと随分とマイペース。
木の洞に頭からはまったり妖忌と戦った過去があったりと石なのに雲を掴む様。

偉い。偉いし凄い大妖怪だけど弄られ役。どこか可愛らしさを残した物語。
その滑らかでまったりとした切り口は和むには十分。首を長くして読むべし。
URL:http://ncode.syosetu.com/n2702m/

「東方狂宴禄」 東方 評価C

気付けば霊夢さんに襲われワラキア。口調もワラキア語に自動翻訳。
型月からタタリこと死徒二十七祖の第十三位に憑依しちゃった主人公。
F1モンスターマシンに普通の一般人が乗り込んじゃってのアクセル全開。
これは内面では大焦りの主人公がワラキア譲りの鉄仮面で不気味に嗤う物語。

早速飛び交うお札を避けつつ口撃。ちょっ、まっ、私は人間です!と必死の訴え。
なんとか意図は伝わったようでホッと一息。助けを求めて人里の寺子屋へ。
向かう途中で判明するワラキアスペックや高速思考に悪くないとひとまず満足。
そうして人里では向かい合わせで経緯を話し住居を設ける事に成功しました。

ちなみに舞台は未だ幕引きならず。お約束の聞こえる悲鳴に走りだす。
そこでは妖怪に襲われる少女の姿が。テンプレに身を挺して庇うというテンプレ重ね。
さらに助けた少女は稗田家当主。阿求のお礼の意味には色々と好意が混ざっていたり。
そのバレバレな好意は中々微笑ましい。元人間という勘違いから想いもより強固に。

この時折入る彼への勘違いが面白く。阿求に続き霊夢や魔理沙も魔眼に孤独と勘違い。
ワラキアボディの外見に加え原作知識の披露もこれらをかき立てる元凶でもあり。
そんな彼は頭に上海を乗せたり向日葵畑でカットしたりと見ていて退屈しない毎日。
おまけに本来のワラキアが覚醒して会話が可能だったりと実力者の仮面は厚みを増し。

現在は紅魔異変直前。幼い末裔のダンスの誘いを気に入らないと一蹴。
果たして彼は踊る役者か脚本家か。その先の見えぬ旅路に嗚呼幸多からんことを。
URL:http://ncode.syosetu.com/n2112v/

「東方医療録」 東方 評価C-

主人公は医者の卵。死亡するも能力に目覚め幻想入り。
その名も欠陥を修正する程度の能力。効果は不幸に死の否定など多岐。
偶然にも能力に目覚め偶然にも氷精に出会い偶然にも紅魔舘へ居住。
これはそんな幸運にまみれた男が頭で競って足掻く物語。

早速見知らぬ土地での不可思議な現象に晒されるも妖精という実物で納得。
天才にも勝るコロネでどこか人の住みかへ案内して貰う約束を取り付けます。
どうにも妖怪という危険な存在が多数のこの世界、まず確保は安全な宿。
そうして案内された先はとっても真っ赤で居眠りな門番が構えたお屋敷。

運が良いのか悪いのか、吸血鬼の屋敷に訪れた彼は血液型から餌という従者へ。
手伝いを考えるも家事全般は全滅。これでは家畜のままと地下へチャレンジ。
心の病も医者の領域と気が触れている妹様に口八丁で別の遊びで手懐けました。
さらには遊びから能力が発現し危機を救う事で姉妹から友人やお兄様と呼ばれる事に。

結果として見れば万事問題なし。紅い霧の紅魔異変も交えて交友関係は拡大。
白黒魔法使いとの戦闘や人里への隙間移動で偶然にも子供を治療したり等々。
露骨なハーレムとはいかないまでも友好的といえる関係を構築します。
能力も強力そうで制限があったりとチートの使い方に重点を置いた物語。

触れれば肉塊と化す脆弱な人間。しかし弱者だからこそわかる事がある。
そんな彼の現在は人形遣いとの出会いを終えての妖々夢一歩手前。
閑話的に出合った人物達との日常を描いてほのぼのしている所。
将来の竹林の医者や自身の能力の定義などなかなか期待の作品です。
URL:http://ncode.syosetu.com/n7762w/

「東方友造録」 東方 評価C

初めての友達、覚えてますか?これは忘れられない友のお話し。
魔法先生ネギま!~カレカノ・ライフ~」の作者の作品。安心の最強従者。
主人公は数々の能力を貰い逆行。落っこちた先で見つける磔の美女。
その存在の名は神喰木。八百万の神々を食い尽くした化け物中の化け物である。

そんな美女に見とれていればなぜか復活。封印がとけられた!
凍り付く様な憎悪の視線も能力で封殺。その名も無敵になる程度の能力。
最強ではなく無敵。いわゆる敵無し、害威を持てない仲良し能力。
おかげで最初で最後のとーっても凶悪な絶対盲信美女がお友達第一号に。

強大な存在が忠誠を誓い身も心も尽くすってのはこの作者の方の得意技。
美人で強くて絶対忠誠という服従させる優越感をしっかり味わえます。
そんなチート彼女の能力はあらゆるものをくさらせる程度の能力。
ユーラシア大陸調理もお手の物。腐ってやがる……強すぎたんだ。

さらには腐らせるには二重の意味が。くさらせる、腐らせる、鏈らせる。
要するに腐蝕の他に繋げる効果も。どこぞの隙間ワープのまねごとも。
色々とぶっ飛んでます。東方世界でも既に無理ゲー臭。友達できるの?
これから出合うであろう我の固まり達に今からご冥福をお祈りします。

敵無しの彼の一番の敵は仲間である彼女。見敵必殺フレンドリーファイア。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ