黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
URL:http://web.archive.org/web/20090531174815/http://mai-net.ath.cx/bbs/sst/sst.php?act=dump&cate=tiraura&all=7570&n=0

「特質系の憂鬱」 H×H 評価C

交通事故により転生。生まれたショックで念を修得。
生後しばらくして文字をみた事からH×Hの世界と認識します。
幼少期からビスケらに師事してメキメキ上達する物語。

体からのモヤモヤがオーラと認識してからは修行の日々。
まだ生後9ヶ月で鍛える幼児。生き急ぐこと矢の如し。
しかしこの体はオーラの総量がどうにも少ない。
おかげで応用の流や凝など操作の技術を磨きます。

そんな修行の日々に転機が訪れたのが黒髪美人の叔母の存在。
なんと宝石のプロハンターだそうで。幼児が高速で流してたらそれは……。
結果彼女の師であるビスケも交えてしばらくは変わらず修行の日々。
これらの細かい修行と念についての設定がしっかりした作品です。

そこからは修行の成果を試すため天空闘技場に出没などなど。
妹を可愛がったり念を素人に教えたりして時間を潰していきます。
珍しいのがウィングと同期ということ。切磋琢磨する坊や達。
特質系の能力が犬で名前がルイズなど色々とネタもあったりと。

べ、べつに既にデレ期のルイズが可愛くなんてないんだからね!

URL:http://www.mai-net.net/bbs/sst/sst.php?act=dump&cate=tiraura&all=29762

「ネフェルピトーの逆行」 H×H 評価C+

マミって死亡したピトーの逆行。迷子の迷子の子猫ちゃん。
気付けば全快して森の中。王は?ゴンさん?思考は謎だらけ。
見かけたハンターをボコるなりして自分が時を遡ったと理解します。
時は1998年12月30日のザバン市。原作ハンター試験の年である。

幸いな事に見た目は人間に近いピトー。多少変装して街に潜伏。
その間に自身の身に起こった不可解な現象に頭を悩ませます。
疑問は3つ。逆行に発の不可と人間殺害不可の激痛。
オーラは使える物の能力と殺人を行えない事は大きなデメリット。

そんな王至上主義の蟻のまま原作試験に混じるという期待感。
試験には自分を殺したゴンも登場しますし一体どうなるやら。
巷で噂の旅団と護衛軍どっちが強い?の結果もヒソカで解決。
ノヴさんもびっくりの凶悪オーラで試験は波乱の予感です。

とりあえず人殺しができないという事であっさり蹂躙は回避な模様。
ですが殺さない程度になじったりはできるようで。困ったニャー。
例えばオーラで心停止とか無自覚に殴った岩の破片で死亡とかどうなんでしょ。
プフ当たりなら排除には誰かを唆すでしょうし。ピトーだけにどうなるか。

ピトーが男か女か悩むのはもう慣れっこにゃ……。
URL:http://ncode.syosetu.com/n8134n/

「最高の人形師と人形遣いの才を持つ者は世界を廻る」 H×H 型月 評価B+

生前から素晴らしい人形作りの才を持った主人公が数々の能力を貰い異世界へ。
能力は型月の蒼崎に東方のアリス、ネギまのエヴァなどあらゆる人形作製の技術です。
そんなぶっちぎりの人形師が新しい人形作りを目的に行動するアンチ物語。
アンチといってもそれ自体が目的ではなく。目的を遂行しようとして対立しての排除。

見た目はアリス・マガートロイドな彼。人形師にはピッタリなチョイス。
そんなチートな彼の物語はよりチートな技術を習得していくのを楽しむ内政系。
丁寧な口調で淡々と。まるで作業のように原作を解体する様は人形のよう。
次はどんな技術がでるか、その技術の応用や出番はどうなるかが楽しむツボ。

技術が多量なだけに設定も凝っています。人形を作製するパターンも数々。
人間ベースから死体、無機物、融合、英霊なんでもござれの風呂敷の広さ。
有名所では茶々丸や水銀燈などの人形も登場。質と量を併せ持った悪夢の兵力。
舞台がH×Hや型月だけに作製にも違和感無し。魔術や念とすこぶる相性が良いです。

これらの技術を着々と修得しつつ飽きさせないシーンを織り込むなど抜かりなし。
第三魔法や時計塔、サーヴァント7騎召喚。蜘蛛との関係やクルタ族の人形などなど。
これだけ書くと地雷のような最強系ですがひと味違うんですよね。これも好みか。
実力を見せつけヒロインもさりげにゲットしてたりと王道を詰め込む安心の流れ。
これだけ二次創作の要点を用意すれば必ず好みが重なるでしょう。

全ては彼の繰り方ひとつ。物語を手のひらで転がす征服感はたまりません。
URL:http://ncode.syosetu.com/n0911r/

「こんなミルキでもアリだろう?」 H×H 評価B-

気付けばベッド。仕事でミスをし大怪我を負ったミルキに憑依。
なぜか大怪我してて目の前にはイルミ、そして自分はあのミルキ。混乱大役満。
混乱しつつも真剣に心配してくれるゾルディック家に感動。家族として生きることに。
そんな家族第一なミルキによる物語。まずは脱豚君宣言によるダイエット。

憑依SSはよく正体を隠す罪悪感なんて表現がありますがこの作品は心配なし。
殆どミルキがダイエット決意と外出をしてやや社交的になったような性格改変です。
なので物語ではミルキらしさが良く出ていたり。どこか甘い所が漏れ出ています。
ゾルディックという厳しい家系で育った温室育ちのお坊ちゃんという印象。

しばらくはダイエットと家族達との交友。これだけ見るとかの暗殺一家とは思えない。
イルミが溺愛するのはミルキも同じ。自分の側を離れる展開に拗ねたりと可愛い所も。
キルアの友達宣言でも即殺すなんて物騒な彼。それがミルキでも見れたりと兄馬鹿です。
クロロ達と仲良くなる展開も楽しければ、イルミやゴトーが蜘蛛に嫉妬するなんて楽しさも。

そんな愛されているミルキは原作とはまた違った独自の物語を歩みます。
仕事関係で情報屋としてクロロに眼をつけられたり、まさかの家族と鉢合わせたり。
他にも原作ハンター試験に参加したりとツボも。ダイエットして気付かないキルアに苦笑い。
当然といえば当然ですが、ミルキが肢曲や肉体操作を使ったシーンはちょっと興奮。

イルミやヒソカ、クロロにゴンなど超一流とまではいかないミルキの物語。
物語を蹂躙できる主役とはいかないまでもいい脇役ポジションを見せてくれます。
ゾルディックの血は争えませんね。こんなミルキもアリだろう。


URL:http://ncode.syosetu.com/n0746w/

「我が家のお猫様!」 恋姫 評価D

主人公は猫。紛う事なき猫。そして孫呉の守り神。
乱世の最中ひたすらに愛されのんびり過ごす日々。
何から何まで猫まっしぐら!ほのぼのでお送りするにゃんだふるライフ。

虎も尻尾を巻いて逃げる猫。純白の毛並みに真っ赤な瞳の主人公。
孫呉の守り神と呼ばれるだけに既に重鎮。可愛がられております。
ちなみに孫策らは未だ子供時代のロリ。ロリと猫が合わさる破壊力。
抱っこされたり懐かれたりはこれも猫の特権です。

この主人公、軍師に将棋で勝つほど頭が良く武将並に戦場を駆ったりする様子。
でも猫。どれだけフラグを立てようとも猫のままでは家族どまり。
ですがそこはエロゲー、しっかりとハーレム建築用の抜け道も用意。
満月の夜にそれは姿を現すそうな。人の形をしてどことなく……にゃー。

未だ続く平穏。呉は江東の小猫王で安泰です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ