黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
URL:http://www.mai-net.net/bbs/sst/sst-lay-test.php?act=dump&cate=toraha&all=19565&n=0

「怠惰な操り少女」 なのは 評価B-

とてもめんどくさがりな幼女。一日の始まりは憂鬱から。
ひたすらグータラすることとそれを助長する能力の所持者です。
その能力は森羅万象を操るに近いとも。物の声を聞いたり操れます。
そんなめんどくさがりな幼女が面倒しかない魔法少女に絡まれるお話し。

きっかけは綺麗な宝石でした。またの名をジュエルシード。普段通りに宝石と会話し
魔法等事の顛末を聞き出します。もちろん願いを叶えて貰うのも忘れない強かさも。
そこへ飛来する魔法幼女。目当ては宝石。面倒ごとはいりません。平穏と願いという
平等な取引によりカムバック日常がどうやら操るところを見られていて……?

そこからは宝石をお願いという形で封印したりと魔法少女も形無し。
おまけに願いというのも身長を3センチ伸ばしたりとほのぼのばかり。
シリアス?そんな物犬に食わせてしまえ。

スタンスとしてはひたすらほのぼの。事件を事件と思わせません。なんとかなるさー。
このだらけきった平和を楽しむ物語です。次々おこる事件もなんてことはない。
ジュエルシードすら操れる能力は目立たせないチート。魔法に関わりつつ平穏を
すごせているのがその証拠です。フェイトに始まり関わる人はみなハッピーエンド
なので問題ありませんし。

ちなみにこの能力、私は便利と思う前にひどく恐ろしく思います。
なぜなら人と物の境界があやふやになってしまいそうだからです。
最初は便利かもしれません。楽して動かすだけ。会話も可能。
ですがそこに「意思」があると気付いてからがさぁ大変。

喋る鶏や牛は中々食べようとは思えません。そこに人格を認めてしまうから。
普段扱う物にも意思がある。なら少しだけ大切に使おうとか思いませんか?
道具に気遣いが始まります。しかも回りは物ばかり。その気になれば空気でさえ
会話ができてしまうのです。とてもじゃないですが私ならノイローゼ直行です。
いつも着る服や浴槽、トイレまで意思がある。なんだか複雑な気分。
例え会話をしなくても一度知ってしまっては意味がない。四六時中物に監視されている。
時には他人が道具を乱暴に扱う悲鳴が聞こえるかもしれません。そのことに憤りを感じる
事もあるかもしれません。ですがそこで怒っても優しいを通り越してただの変人認定です。

この能力を持った少女が扱う優しい拒絶、めんどくさい。
グータラということは動かないということ。使わないという事。
少女のその人格が形成された基盤を見たような気がします。
めんどくさがりな彼女が毎回必ず道具に礼を尽くし、命令できるのにお願いするという事実。
まるで人間と同列に考え、道具に対して酷く怯えを感じているように見えました。

ほのぼののんびり、怠惰な幸せのお話しです。












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://hammerd680.blog.fc2.com/tb.php/77-2bb66fba

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ