黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
URL:http://ncode.syosetu.com/n3681n/

「東方高次元」 東方 評価B-

トンネルをくぐればそこは……!くぐったのはスーパーのドア。広がる大草原。
どうやら次元を越えた模様。前世が高次元。ここ低次元。妖怪倒してわかる領域。
この領域、いわゆる一方通行の反射のようなものです。チートですね。
おまけに創造系の能力まであったりと嬉しい限り。
荒事を能力で凌ぎつつフラグを構築する古代スタート。

反射等チートな能力ですが完全に無敵ではないようです。色々と穴もあり。
その穴が戦闘を丁度良くさせてくれます。鬼や大妖怪相手に絶対無敵!とは
いかないのがいいですね。それでも強すぎる事にはかわりないですが。

実はこのお話し、チートでの戦闘よりヒロインとのハーレムが見所な作品。
どうにも高次元体は妙な引力を持っているようで。その体は高次元なだけに極上。
非情に美味しく見えるそうです。食材的にも。しかも精神は一般人。
強大な力を持つのにその平凡さが優しさと認識されツボなよう。
孤独な大妖怪達にはなんとしても手に入れたい優良物件となってます。

目下花の妖怪や隙間妖怪、九尾にはては閻魔までが表だって妻状態に。
この妖怪達、色々と怖いんです。ヤンデレ一歩手前というか読んでいて
薄氷の上を錯覚させる危険思考。そこは恐れられる妖怪なんだと思いださせます。
私としてはこの何時豹変するか、他にどんな本質が見えるかが楽しみでしょうがない。
未だ未登場の妖怪達との出会いも気になります。

この妖しい雰囲気。楽しむか恐れるかはぜひ読んでご判断を。












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://hammerd680.blog.fc2.com/tb.php/76-e1e92ab0

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ