黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
BETAってどうやって増えてるんでしょうね。実は影分身って落ちとか。
そんなBETAひゃっほいなマブラヴ。SSの数も多ければ方向性も多彩。
別作品機体で無双。武強化で再構成。武家やアラスカで技術開発。
こんなとこでしょうか。私は技術開発系が好きです。陰謀わっしょい。

そんな中珍しい設定とかはやっぱり印象に残ります。
歩兵としてBETA戦線で補給なり激戦を描写した作品。
BETAを主食にしたG改良の作品。
BETAが幼女の作品や宇宙戦艦で圧倒する作品。
血みどろと如実な恐怖がかもしだせる生身歩兵は新鮮です。

ただ生身で無双とかの作品はなかなかないですね。どうしてもギャグとしか。
オラわくわくすっぞ!とか言いながら単身ハイブ。G弾元気玉。
でもブロリーなら見てみたいかなーなんて思ってたり。

思えばオルタプレイして冒頭訓練校時代ですごさを見せつけるシーンが初めて
読んだ最強系な気がします。後々を思うとずっと訓練校時代にいたかった。
SSでも戦時中のあのかっこいい演説を読んでみたいものです。
嵐の前の静けさ。死ぬとわかっている決戦前の覚悟はやっぱりいい。

プレイ当時はBETAの親玉が人間を生物と認識してないとかでちんぷんかんぷん。
作中の先生の専門用語でも煙がでそうだった身としては辛い。どういうことだってばよ!?
それも最近SS作品読んでて何となく独自に納得することができました。

つまりBETAの親玉はとってもでかかったんだよ!
人間とミジンコの関係。人間=BETAの親玉。ミジンコ=人間に置き換えて思考。
あんまりにサイズに違いもあり人間からしてもミジンコは存在、認識はできるが同じ
生き物ですよって言われてもなかなか理解できないでしょうね。ましてミジンコが人間
と同じ人格や思考を持ってますと言われても。そもそも顕微鏡とか無ければ存在も見えない
サイズですし。

よくハエははたきを止まって見えるなんて聞きますが体感時間の違いなんでしょうか。
人間には1秒の振り下ろしがハエには10秒近く見えるスローリー。速さが足りない。
人間とハエサイズでこれなら人間とミジンコの体感時間の差はどれほどなものか。

このままあ号標的が親玉に人間は生物と伝えても認識されるのは100年とか1000年
とかかかってしまいそうな。人間が一晩寝る間にミジンコ細胞は何十億と増えサイクルを
変えちゃいますし。派遣されてるBETAも体内に投与される抗ガン剤みたいなものなん
でしょうか。いや全部妄想ですけど。

どのみち終戦しても戦後の方が大変ですね。まさしく絶望。Rtypeとどっちがマシか。
そのうち新人類とかNTとか生まれそうな世界です。大穴で世紀末。ヒャッハー水だ!
こんな作品だからたまに読むギャグSSは貴重!癒しって大事。

最近は霞が実は夕子先生を操る黒幕とかハイブから指示受けてたりとかスパイとか期待。
戦術がないBETA側に諸葛亮転生とか。まてこれは孔明の罠だ!
扇ビームが光線級。次々落ちる戦術機。今です!

辞められない止まらない。気付けばどんどん長文になってしまう。不思議!












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://hammerd680.blog.fc2.com/tb.php/67-b9e3825f

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ