黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
URL:http://ncode.syosetu.com/n3935z/

「とある白井黒子の兄」 禁書 配点:C+

風紀委員の白井黒子には、一人の兄であり姉でもある紅がいる。
妹ラブでレベル4。身体操作でTSもできる上条さんの同級生。
時には豊満ボディで男をからかい、時には身体操作で一目置かれ。
これはそんな客観的には理想の兄が、周囲とほのぼのする物語。

身体操作。それは文字通り体を隅々まで変化させるという能力。
TSで巨乳などの見た目から、爆肉鋼体で高速移動や怪力など様々。
さらには変化などで電気を通さぬ絶縁体など応用はとても幅広く。
レベル5よりの大能力者。ある程度常識内の強さという能力です。

そんな手広い能力で行う事といえば、実はそんなに無かったりも。
日常であれば便利な延長上でしょうか。能力で蹂躙フルボッコ!とかは無し。
流れも禁書ではなく超電磁砲であり、あげるとすれば虚空爆破事件くらい。
その事件でも何かしたけどわからない。そんな底の見えない描写がメイン。

この未だ底が見えないという手札の多さが魅力でありツボ。
むやみに披露しない物足りなさは周囲のさりげない評価でカバーします。
唐突に現れて去っていく。そして後ろにいてくれるだけで頼もしい。
そんな兄と妹、美琴に初春佐天等々出会いは終始のんびりほのぼの。

シスコンレベル4の白井紅太の物語。サッと読んで楽しむことをお勧めします。












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://hammerd680.blog.fc2.com/tb.php/555-ec65bb78

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ