黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
URL:http://www.mai-net.net/bbs/sst/sst.php?act=dump&cate=all&all=30608&n=0&count=1

「サスケという病」 ナルト 評価B+

表がナルトなら裏はサスケ。その裏の主役に曖昧な原作知識を持って憑依。
当初この事態に楽観した彼ですが、それはやがて焦燥感へと次第に変化。
原因は文字通り住む世界が違うため、チャクラ等感覚的に理解できない劣等から。
そして起こるうちは滅亡。これはサスケに憑依した一般人が、兄との再会を目指す物語。

ふ、ふざけんなッッ。それは写輪眼も得ずに原作へと介入した結果の叫び。
憑依前は成人したいい大人でもあり、ここでのサスケは厨二病など発症せず。
その対価は才能。体はサスケといっても中身は一般人という事で術は不得意です。
相応に努力するが実らない所は、原作冒頭のナルトとどことなく似た面影が。

他にもこのサスケは原作サスケと比べ、過程は違いますが結果は類似点がチラホラ。
良くも悪くもエリートなうちは一族で不出来な彼は、自然優秀な兄と比較され。
それでも優しい兄は普通に接してくれたりと、原作と同じでイタチが大好き。
それは兄の大虐殺があった後も変わらず。目標は再会で、復讐心など皆無です。

実にツボ。思考や言動の端々から、一般人だったと分かる楽観や危機感の欠如が特に。
弱すぎず強すぎずなおかげで、なんとかなりそうでそうでもない難易度設定もグー。
サクラが見向きもしない事からも、分岐点の大蛇丸はうちはの彼をどう見るのか。
なにげに兄の残した万華鏡写輪眼の言葉など、憑依した彼でも?と期待感が。

中途半端に縛られるなら、いっそ無い方が良い。知らずサスケに縛られる物語。












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://hammerd680.blog.fc2.com/tb.php/544-3d619b64

サスケという病
Arcadia(ナルト) 338 名前:この名無しがすごい! 投稿日:2011/12/04(日) 17:00:26.71 ID:SEgHzj2c そんな事をスレ違いで書き込む前にレヴューしようぜ! ナルト板 サスケという病 まだ2話...

2011.12.26 22:41 | カニが威張ってカーニバル

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ