黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
URL:http://ncode.syosetu.com/n1279u/

「真祖の乙名と聖杯戦争」 型月 評価B-

主人公は真祖の姫君。朱い月に造られし長老たる器。
アルトとアルクを妹に控える彼女は齢二千を越える吸血鬼。
永遠と退屈を味わっている所、宝石翁の悪戯で第四次へ参戦。
召喚せし英霊はランサー。輝く貌を跪かせてお転婆王女がのし歩く。

ケデナイ・エガナイ・アチャーテンションから強奪した結果がランサー。
不幸筆頭ディムルッドは真祖補正により色々とびっくりなステータスに。
ランサーでありながら最良のセイバーよりステータス上とかどゆこと。
けどマスターたる王女は騎兵より強いというこれなんてチェス状態。

そんなこんなで始まった聖杯戦争。もちろん聖杯には興味無し。
言ってしまえば子供の喧嘩に大人が出てきた様でいまいち気乗りせず。
とりあえずはランサーの活躍を肴に対セイバーや名乗り合いで暇潰し。
しかしその余裕もこれまで。金ぴか最古の王の視線がちょっとヤバイ。

弱点たるマスターがジョーカーというこの物語。今から真祖暴露に期待。
ギルの視線が妖しいですし、ランサー強奪したケイネスの立場も謎風味。
未だ原作通りの流れとはいえ正体がばれればどうなることやら。
さらには彼女の暇潰し故の気まぐれで選ばれる展開にも興味津々。

一見お淑やかな淑女、けどやっぱりあの二人のお姉さんだった物語。












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://hammerd680.blog.fc2.com/tb.php/495-6c7297a0

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ