黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
URL:http://ncode.syosetu.com/n0546u/

「その身に宿すは月の意思」 型月 評価C

気付けば真祖に憑依。後の死徒序列第三位の断罪者。
型月こと朱い月特製の体に意思が宿った事が始まりです。
その彼は同族を狩ったり妹を愛でたりと存外気ままな日々。
つまりチート最強系?うーん……ドドド!よりズズズな物語。

出会いは裸足。テンプレ展開を予想して朱い月をバックにキキィッ。
そこに居たのは朱い月のブリュンスタッド。聞けば自分は最初の眷属。
そして最初の失敗作でもあり。実はこの体はスペアボディの予定とのこと。
しかし主人公が憑依したため用無し。とりあえず好きにしろとのお達し。

それからの出来事は修行したり同じく失敗作のスペアボディを掃除したり。
おかげで巷では同族殺しの断罪者として色々と恐れられる存在でもあり。
なんせ特製の体だけに性能はダンプカー。ただし運転手は未熟な子供。
強いのは強いのですが、どことなく安心できない強さを発揮します。

そんな平穏は突如として崩壊。星の絶対者たる朱き月の死亡。
やったのは宝石剣のゼルレッチ。動機はただの力の誇示という傲慢。
ぷっつん来た主人公は戦うも惨敗という結果。なんて――無様。
ゼルレッチへの復讐と墜ちた真祖の始末が今後の方針となりました。

ちなみにアルクェイドの姉たるアルトルージュも忘れ形見で登場。
名付け親になったりしてお兄様と呼ばれ溺愛される間柄です。
他にも混沌のネロ・カオスやブリテンのアホ毛っぽい人物等々。
立場的に有名所へ顔出しできるのがこの作品の魅力の一つ。












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://hammerd680.blog.fc2.com/tb.php/488-10c8c904

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ