黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
URL:http://kuroyuri.ushimairi.com/mos.html

「大詠師モースの日記」 ティルズ 評価C

気付けばローレライ教団の大詠師モースに憑依。
このモースは飛べる豚。贅肉が筋肉となった肉弾戦車。
身軽となった彼は軽快なフットワークで原作キャラに一言苦言。
予言という毒に人生の先輩として囁く胡蝶の夢の物語。

さてモースに憑依した彼。自身には何が出来るのかを考えます。
彼の立場は腐っても大詠師。権力で言えばとってもお偉いさん。
当然そんな彼の周りには原作主要キャラが取り巻くわけで。
手始めに駄々をこねるイオンにアッシュへもの申す!

ぬっふっふ、ドスコォイ!気迫と共に迫る巨大な掌。
アッシュの眼前には贅肉の鎧を脱ぎ正体を現した肉達磨。
彼の躊躇無く容赦なく打ち放たれた拳はアッシュの意識を刈り取ります。
とりあえずお仕置き完了したモース。彼にはまだまだする事がある。

そうして除々にモースは暗躍します。人好きのする笑みを備えて。
そんな彼はルークに本を渡しアッシュに追われヴァンに睨まれる日々。
予言なんてクソ食らえと決意を胸に頑張る姿はなかなか様になる黒幕。
原作改編でモースを登用しての浅く広くの梃子入れはベストな配役でしょう。

出来る出来ないじゃねぇ……幸せにしてみせるんだよ。何十年かかってもな。












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://hammerd680.blog.fc2.com/tb.php/455-0fb297a0

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ