黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
URL:http://megalodon.jp/2010-0407-2331-29/mai-net.ath.cx/bbs/sst/sst.php?act=all_msg&cate=tiraura&all=12033

「ある男が用務員になったようです」 オリジナル 評価B-

聖アナスタシア女学院。広大な敷地面積を誇る有数のお嬢様学校。
主人公はそんな楽園で用務員として働く事となった28才世間知らず。
なんせ彼の家は代々続く道場。彼自身も武道一筋に身を置いた鉄人。
これは疑う事を知らない純粋さから巻き起こる勘違いの物語。

なるほど、分からん。掃除という禅問答に頭を悩ます28才。
そんな塵一つ見つからない校内で彼はついにゴミを発見します。
彼の仕事は校内の美しさを保つ事。眼前には少女を攫う誘拐現場。
なるほど、これは美しくない。今、用務員は修羅となる。

そうして掃除を終えた彼。底知れない用務員の道に幸福を噛みしめ。
未だ見ぬ先輩や同僚の実力に驚きながらも決意を新たにするのであった。
……なんでやねん!もちろんこれは主人公の勘違いで周囲は普通。
この高い実力と武道由来の愚直さのギャップが楽しむツボ。

さて用務員となって月日は流れ。除々に登場する色濃いキャラ達。
お嬢様学校だけに一癖も二癖もありそうな破天荒な少女達。
彼の弟子である少女やブラコンの妹に一流メイド隊とわんさか。
もちろん彼はその全てに一目置かれるというツボは外しません。

至高にして偉大なる天職用務員。メイド研修生は最高だったとだけ。












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://hammerd680.blog.fc2.com/tb.php/454-e241cd10

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ