黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
URL:http://ncode.syosetu.com/n1381j/

「俺、練成されたんだ。」 鋼錬 評価B

主人公の眼前には巨大な門と謎の人型。どうやら錬成される模様。
そうして振り返れば美女と野獣。原作で禁忌に手を出した夫妻の息子。
錬成の対価として臓器などをもってかれた母親は毎度血反吐を吐く日々。
この掛け替えのない愛情を注ぐ夫妻の為に彼は賢者の石を求めます。

おおよその流れは軍に入隊する前と後でギャグとシリアスが交代。
前半は錬成した夫妻との和気藹々としたほのぼの家族愛がメイン。
なにげに錬金術に武術とチートな夫妻の元で鍛えられます。
合間に七つの大罪グリードさんと取引したり気に入られる展開も。

ちなみに彼はありとあらゆる物と契約出来る程度の能力を所持。
これにより動物を使役したり瓦礫や岩などを射出して武器に等々。
お陰で鍛錬もあいまりそこそこ戦える程度には頭角を見せ始め。
ついに母親を治す手がかりの為士官学校と舞台は戦場へ。

この軍学校での主人公の活躍が見物。トラブルメーカーの名がぴったり。
気に入らない教師陣にひよっこの生徒達で反乱し制圧するなんて偉業も。
この電撃戦ともいえる手腕と数万ケルビンのプラズマの祝砲で時の人。
昂然と輝くカリスマを備えた彼の周りには一癖も二癖もある仲間の姿が。

賢い筋肉に策謀秘書、貫禄の姉御など彼が居なければ実現しない夢の布陣。
このチートによる強引さではなく協力し立ち向かうという現実感がツボ。
軍人という教育される中でしっかりと頭を使い足掻き魅せてくれます。
戦闘面など特に原作の鋼錬らしさが出ているのではないでしょうか。

グリードにロイ・マスタング。そして女帝アームストロングにキングブラッドレイ。
これらの強者にピンとくればぜひ一読。馬鹿と天才は紙一重の物語。












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://hammerd680.blog.fc2.com/tb.php/430-c8317634

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ