黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
URL:http://ncode.syosetu.com/n2909s/

「魔法世界に降り立った砂の王」 ネギま 評価C

暇つぶしで転生。貰った能力はスナスナの実に誰もが本能的に恐れるカリスマ。
彼はその絶対的な威圧感を盾に大戦で恐怖をばらまき赤き翼へと加入します。
ワニなのにハイエナのような狡猾さと残虐性、でもどこか憎めない小者臭。
これはそんな恐皇様が苦労人と勘違いされたりマフィアの一大勢力を築く物語。

早速戦場へ降り立った彼。いっちょ殺すかと手頃な兵士に手をかけ始め。
この突如現れた銃弾も魔法も効かない砂の化け物に場は混沌と化します。
その恐怖を感じたのは赤き翼も同じ。目を離せば殺されると本能が察知。
優先的に逃げる兵を嬲る姿はまさに外道。彼はそれが許される圧倒的強者だった。

逃げる敵は殺す。投降しても殺す。歯向かっても殺す。サーチアンドデストロイ。
おかげで連合に加え帝国の上層部にまで恐怖を染みこませた彼。まさに畏敬の対象。
そんな存在にテオドラは好意を示し。なんという悪い男にひっかかった典型例。
やがて完全なる世界が姿を現し赤き翼となった彼はサーの称号を得て英雄に。

面白いのが恐れられる一般人というギャップと悲しい過去を背負っているという勘違い。
お人好しな赤き翼では勘違いされた方が何かと都合が良く。所々剥がれるメッキもツボ。
おかげで魔法世界を離れて旧世界では麻薬に抗争と世間に名を轟かすマフィアのドンに。
ちゃっかりマナも拾ってお似合いの娘。子育てのワンシーンは必見のパパダイル。

地位に権力の基盤も固まった現在。ネギとの絡みにジョーダンじゃないわよーぅ!












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://hammerd680.blog.fc2.com/tb.php/415-cd0f1fd9

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ