黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
URL:http://ncode.syosetu.com/n7665w/

「とある幻想殺しと万華鏡写輪眼」 禁書 評価C-

あ、ありのまま今起こった事を話すと窓を開けたら幼女と赤雲が引っかかってた。
サスケとの決戦後死んだイタチがまさかのクロス。イタチさん何やってんの。
まさに火と水の様な全くタイプの異なる二人なのに妙にしっくりくる不思議さ。
これはそんな意外と面倒見の良い天才NINJAが強さで魅せてくれる物語。

早速布団の代わりに干されてた二人を部屋に回収し事情を聞きます。
方や死んだはずの亡者であり方や魔術組織に追われるなど怪しさ爆発。
それでもそこは主人公。甘さにより身から出る不幸を率先して抱え込み。
どこか饒舌なイタチもかくかくしかじかして居候する事が決定しました。

当然禁書目録を目当てに追っ手もやってきます。未成年の喫煙はダメ。
科学方面ではなく魔術サイドのステイルや神崎なら切り札のイタチを投入。
滅茶苦茶なチート忍者達の中天才の名は欲しいままにした実力は伊達ではない。
万華鏡写輪眼という奥の手もある中余裕を持って彼等を撃退します。

イタチが負ける姿なんてありえない!そんな要望に応えてくれる物語。
ナルトに禁書とどっちもどっちなチート揃いなため優劣の判断は極めて困難。
一方通行の反射とか幻術はどうなんでしょうね。心理掌握能力もあるし抵抗が?
イタチなら、イタチならなんとかしてくれる!その瞳に映るは永遠故に。

上条さんとの絡みに加え引っかかっているイタチの姿がツボだった物語。












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://hammerd680.blog.fc2.com/tb.php/391-7873eeb9

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ