黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
URL:http://ncode.syosetu.com/n7787w/

「人類には早すぎた御使いが恋姫入り」 恋姫 評価C

この一刀君はクールで奇人な一刀君。新しい……惹かれるな。
文武において三国筆頭なチートボディは彼の我が道を鋪装します。
高次元の知性と研究者のどん欲さを併せ持つ異次元の御遣いの物語。

見知らぬ景色にぽつんと一人。出合ってしまった覇王と変人。
彼の開口一番は当然ここはどこ?今はいつ?そしてお前は一体誰だ?
ここで自問ではなく詰問であり答えを聞く前に歩き出すのが北郷。
すでに唯我独尊は始まっている。向けられる刃もちょっと通りますよ。

そんな彼の極めて真面目であり冷徹にも取れる態度に周囲は当然困惑の色。
しかし相手もかの覇王。人材マニアの彼女がこんな珍しい素材は放って置かず。
古代の英雄等に興味がある彼は資料を対価に手を貸す事を約束します。
こうして孤高な覇王に厚顔不遜で対等とも言える立場を北郷はゲット。

そんな彼の日常は知識を授けての内政強化や文武のチート談義。
突っかかる春蘭をいなすのは当たり前。猫耳軍師も将棋に軍議とフルボッコ。
現実味を帯びたこの物語ではコメディ色の強い恋姫キャラはどうにも浮きます。
おまけに興味の対象以外は無価値な彼は情や色恋に惑わされる事も無し。
Noと言える彼は曹陣営を抜けて新たな出会いを目指したりとフリーダム。

特に王佐の才は興味深い。あの対象がどうなるかと思うとゾクゾクするね。
自由に生きる。これはそんな当然の権利を振りかざす万夫不当の物語。












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://hammerd680.blog.fc2.com/tb.php/368-45912e21

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ