黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
URL:http://novel18.syosetu.com/n5956e/

「他人が苦手な少年の日々」 オリジナル 評価B R-18

一見極普通な主人公には秘密あり。それは極度の対人恐怖症。
そんな一人になりたい彼に神様が余計なお節介をして問題発生。
手に入ったのは怯えない平穏ではなく押し寄せる好意と肉の海。
これはそんな受け身の彼がド級の美女達の誘惑で心開いていく物語。

神様、僕の願いを聞いてください!その願い、叶えよう~!
実際はそんなやり取りありませんがとある力を手に入れるのは事実。
その能力は不干渉。いわゆる存在を認識できなくなるという能力。
これでエロライフ?甘いは!対人恐怖症の彼は何もしない。そう、何も。

そうして誰にも怯えず認識されず平穏を享受していた彼に終末の時が訪れます。
それは神。なんとこの能力の正体は世界の悪意を主人公が肩代わりしたせい。
常人なら辛い試練を乗り越えた彼に神はあらゆるハーレム建築の能力を授与。
異性を魅了するこの能力は常人ならば喜びますよね。常人ならば。

そこからは富豪のお嬢様やツンな幼馴染みに好かれ抱かれての淫欲の日々。
迫り来る強烈な肉の荒療治はやがて彼の対人恐怖症を克服。イイハナシダナー。
この荒療治の内容がすごい。全裸メイドや校内女子の酒池肉林は当たり前。
いつの間にかクラスの男子が一人減り二人減り……やがて街はあらゆる美の異性のみ。

どっちをむいても美女。無条件に集い向けられる好意の快楽は天国か地獄か。
目覚めのトイレが壁の向こうの見知らぬ異性となかなかパンチの効いたハーレム特区。












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://hammerd680.blog.fc2.com/tb.php/366-8746a950

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ