黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
URL:http://suimin5088.blog58.fc2.com/blog-entry-213.html

「──アルビオン王国興亡記───」 ゼロ魔 評価B-

交通事故で意識は彼方へ。気付けば豪勢な部屋に巨大セバスチャン。
鏡に映るは金髪碧眼。子供ボディでおまけに呼び名がウェールズ殿下。
アルビオン、トリスティン、ハルゲニア。嫌でも想像が付いた死亡フラグ。
これはウェールズに憑依した主人公が内政により戦乱回避を目指す物語。

原作では反乱をおこされたあげくの裏切りという非業の死を遂げた殿下。
幸いそれを回避できる地位でもあり。その地位故に死亡フラグなのですが。
未だ反乱迄には十分な期間もあるため現代知識を糧に内政を開始します。
王子とはいえ平民よりマシ。あの手この手で回りを圧倒し魅了します。

とりわけ手を加えるのは軍隊。貴族坊ちゃんの腐敗を撤去。
実力主義を主軸へと平民部隊で戦果をあげさせるなど奔放します。
合間に原作知識を生かしてサウスゴータ家に訪問。お話しという脅迫。
エルフ繋がりでビダーシャルと交渉し味噌漬けにするなど面白い展開に。

そうして着々と殿下の名は各地に広まり続けます。さすが我らのプリンス。
戦艦に整地、貴族のガス抜きとやることは多々あれど命にはかえられません。
そんな内政の大盤振る舞いで着々とガリアに目を付けられ。あれ?

オリ主ではなく憑依での原作改変。これぞプリンスオブウェールズ。












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://hammerd680.blog.fc2.com/tb.php/345-ed9c9203

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ