黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
URL:http://www.mai-net.net/bbs/sst/sst.php?act=dump&cate=&all=19231&n=1

「―Muv-Luv Alternative ProjectG― 負け犬達の挑戦」 マブラヴ 評価B-

単純な知能を鬼のような物量で補う人類の敵、BETA。
数多の失敗により遺伝子操作や生物兵器の冷遇。明日を信じる研究者達。
もはやこれまでと一縷の望みをかけて目を付けたその名もプロジェクトG。
眼には眼を、物量には物量を。これはゴキブリに目を付けた研究者の執念の物語。

破滅に向かう未来を嘆く前にすることがある。それが研究者の勤め。
物量には圧倒的物量という誰しもが一笑に付す研究を極秘裏に独断続行。
繁殖力や肉食などあらゆる候補から勝ち抜く所はさすがゴキブリです。
これらのまさに研究といえる成果のレポートは淡々として読みやすい。

基盤ができたところで少ない予算で遺伝子改良する様はまさに負け犬の執念。
BETAのみを餌とする改良の着眼点はとても興味深いです。
ゴキブリを理知的に改良するのはオリ主を修行で強化するような愛着が。
ゴキブリなら、ゴキブリならなんとかしてくれる!後はまかせた!

結果繁殖に成功したゴキブリもとい耐BETA生物兵器は野に放たれます。
実際に現場を眼にすることはできないものの効果は如実に発揮。
ハイブ内で行われる捕食と繁殖は想像だに恐ろしい。肉と黒のぶつかる津波。
忍び寄る影の如く浸食する恐怖はBETAにちょっとばかりの憐れみを。

そうして人類が反撃にでる物語。終結後の原作キャラのその後に笑いが。
魔女の天才頭脳による研究がゴキブリに負けたとなると呆然となるのも仕方なし。
まさに研究者による報告書。こういった血を見ない展開もよいものです。












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://hammerd680.blog.fc2.com/tb.php/323-0c67bf08

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ