黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
URL:http://www.mai-net.net/bbs/sst/sst.php?act=dump&cate=&all=4010&n=0#kiji

「中身がおっさんな武」 マブラヴ 評価A R-15

見慣れた天井、思い出すはかって腕に抱いた先生――いや夕呼の言葉。
別の激戦を潜り抜けた経験と恋愛原子核を使いこなす英雄武の再構成。
すごいです。この武は引かぬ媚びぬ省みぬ生粋の軍人。公私を分別。
どこぞの甘い主人公とは違い納得の大人の魅力でヒロインを落とす物語。

今回も夕呼に接触し長年の交渉術を披露。この時代の若い彼女には手に余る。
その貫禄あまりある風格で少佐の地位と夕呼の夜の相手を勝ち取ります。
流れとしては軍人である武がヴァルキリーズに207小隊を閻魔の如く強化。
そして趣味と実益をかねて身も心も心酔させる展開が楽しめます。

見事なのがシリアスとギャグの線引き。厳しくも優しい理想の上司を演出。
思わずこの武じゃしょうがないねとハーレムも納得してしまう程です。
エロパートでは基本ギャグなのですがこれがもう色々と酷い。
精液中毒のまりもやタマサイクロンに至るまでの経緯は絶対に吹く。

そんなゆりかごから墓場までの武。ルートは年長組からA-01、そして207&TE組。
夕呼やまりも、ピアティフは大人の女性だけに経験から武の凄さをいち早く実感。
A-01も最初は軍人として尊敬しやがて次々に、という手順。ニヤけます。
特にA-01の年長組は淑女として行動が出遅れて抱かれない事に焦り出す描写も。
いきなり好きになるのではなく落とすまでの過程が途轍もなく楽しめるツボの嵐。

これだけエロパートでギャグ性癖を出させているのにキャラが崩れないのがすごい。
数が数だけに新しい扉が開きそうです。忠犬ピアティフに篁と冥夜とでへへ。
飴と鞭による大人のリードはヒロインだけではなく私もメロメロです。
よくこれだけ描写できるなーと作者さんの手腕に敬意を表するッ!

タイトルで絶対に損をしているこの作品。読まなきゃ損の足長叔父様。
BETAと女どちらを数多く落としたか断言できない本物の英雄です。












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://hammerd680.blog.fc2.com/tb.php/322-2aa23ed8

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ