黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
URL:http://ncode.syosetu.com/n7140j/

「東方乱力録」 東方 評価C

もこもこ毛玉に捕食されTS幼女。もひとつおまけに古代に逆行。
そして東方だけに能力も所持。その名も力を操る程度の能力。
力と付くものならなんでもできる汎用性。妖力に再生力と無限大。
そんな最強系ほのぼの幼女が幻想郷設立など長い長い時を描く物語。

古代スタートといえば月の頭脳や諏訪大戦などがお約束。今作でもそれは同じ。
合間に迷いの竹林に永遠亭を建築したり信仰され神になったりなどなど。
ただなぞるだけの展開とは違いオリジナルな出会いなども多数あります。
幻想郷設立までは最強ぶりを見せつけながらポヤポヤと人脈を築く流れ。

時には力を使いどこの妖刀かと言わんばかりの刀を打ったりするお茶目さ。
この刀があまりの美しさ故に色々と行方を眩まし辻斬りにたどり着く展開も。
かの楼観剣がこの幼女が打った刀の複製という事実や妖忌の失踪などなど。
各所に散らばった縁が後々芽吹いてくるのが面白いところです。

のちに幻想郷の基盤になる彼女。何割かの力を割いて結界維持するもやはり強い。
最強系だけに出来事をのほほーんと傍観できる安心感。これぞ博霊の駄目神。
前半は古代から生きてそうなかぐや姫や鬼に神あたりなど大抵は網羅。
後半はそれらの出会いをかねて異変に関わるといった流れ。終始ラスボス。

独自に描かれる出会いと和む会話に注目の作品です。












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://hammerd680.blog.fc2.com/tb.php/318-6a8662f1

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ