黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
URL:http://ncode.syosetu.com/n4180l/

「ネギまで会社を作ってみた。」 ネギま 評価C+

主人公はごく普通の一般人。それが原作エヴァが学園に封印された時代に逆行。
ただの逆行と思いきや家族が魔法を扱う事によりパラレル世界と認識。
おまけにどうやら特典は黄金律Aくらいと人に好かれるカリスマAあたり。
そんなネギま世界やべー!と思いつつ起業した会社が発展したのが事の始まり。

元いた時代はPC関連など発展した未来だけに今の環境は耐えられません。
その結果行動しあらゆる分野で突出した大企業に。ホイホイやってくる魔法使い。
なぜ侵入したか聞けば彼はモグリとの事。魔法使いとて正義だけでは飯は食えない。
結果数多のモグリの魔法使いを警備で雇えばいいじゃね?という天恵を得ました。

眼には眼を、歯には歯を。魔法使いには魔法使い。企業情報は死守しています。
4000万人近いモグリの魔法使いが正式に雇われ給金を貰えると大ヒット。
何時の時代もようは金です。正義を振りかざすはいつも悪というのは変わりません。
途中その弊害を受けた幼女八雲紫を拾って忠犬秘書が誕生とニヤける展開も。

そして彼の大企業は宗教や魔術などあらゆる結社をまとめ上げる超企業に進展。
雪広グループや麻帆良学園、はては魔法使い全てに政治で喧嘩を売るなど大事に。
おかげでそんな馬鹿げた事をやる化け物としてひたすらに勘違いされています。
紫や幹部がすごいだけな一般人なんですけどね。あるいみ人を動かす天才。
確かに実力は……なんだけど、なんだけどー!あー!

そんなネギま丼ネギ抜きというキャラの影も形も無い内政系。まさに悪のフィクサー。
企業とか内政作品は数多く読みましたがなぜか妙に心擽られた作品です。












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://hammerd680.blog.fc2.com/tb.php/308-b9fd70ce

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ