黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
URL:http://www.mai-net.net/bbs/sst/sst.php?act=dump&cate=tiraura&all=29189&n=0#kiji

「竜狩商売」 オリジナル 評価C

強大な力を持ち人語を解す存在、竜。そんな超存在を狩りとる狩竜人。
主人公は肉体改造を施し竜を狩る人物の一人。刀を好む古風な武人。
人の身で自然の驚異と渡り会う緊張感に機械が混ざり込んでの物語。

開始早々竜との戦闘。猛然と刃を振るい瞬く間に狩る主人公。どちらも化け物。
竜を狩るのはその報酬の高さ故。今回狩った五百才級ともなれば二千万はくだらない。
面白いのがこの野性味溢れる世界に存在し税金を徴収する捕竜管理委員会。
殺し方が刀や槍などの原始的か銃などの近代的かで税金に大幅な変更が加わります。
二千万ともなれば税金といえど何百万単位での差に。これはとても見逃せない。

おまけに税率の差の理由が根性無しだからというのだから不思議なものです。
何時の時代もスナイパーは嫌われますね。てっきり遠距離の安全面からの理由かと。
この法や兵器など近代的な部分もあれば、狩りや感情論など原始的な部分もあり。
なんとも曖昧でちぐはぐな所が醍醐味。誇りで飯が食える時代なんです。

近代方面での人体改造も様々。直接体を機械化や遺伝子組み換えに竜素材など多数。
もちろん技術があるだけにそれらを扱う技師も存在。ヒロインはこの技師で登場。
腕の良い少女もいればライバルとしての妖艶な美女、委員会の生真面目美人などなど。
なんだかんだ言って気に入られている立ち位置はやはり主人公と言うべきか。

大太刀竜殺刀マサムネ手に取るどこか純粋で子供な主人公。熱く強くのハンターライフ。












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://hammerd680.blog.fc2.com/tb.php/293-b9a72917

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ