黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
URL:http://www.mai-net.net/bbs/sst/sst.php?act=dump&cate=tiraura&all=28096&n=0#kiji

「仁?何それ美味しいの?」 十二国記 評価B-

パンが無ければ妖魔を食べればいいじゃない。
生前一匹狼だった荒くれ者が死亡し気付けば麒麟に転生。
回りは妖魔だらけのジャングル。生き残るにはやられる前にやるしかない。
そんな仁の虫も殺せないはずの麒麟が生存開始。赤兎馬や黒王号ばりの成長を披露。

厳しい生存競争を生き残った彼。見た目はもうすでに優しさ皆無。
盛り上がる筋肉、通常の倍近い体躯。そして体中にはしる数々の傷痕。
赤い鬣、宝剣の角。震え上がる嘶きを持つ赤い化け物がそこにいた。

そんな威風堂々とした彼はもはやここら一帯の妖魔の主。百鬼夜行を率いる赤馬。
けど彼は麒麟。麒麟だよね?この世界では麒麟とあらば保護すべき存在です。
おかげで始まる妖魔の軍対仙人の軍。知恵持つ麒麟の蹂躙はこれなんて無双ゲー。
暴走族と警察の深夜の対決なんて眼じゃない規模の戦いです。どうしてこうなった。

結果敗れる事になる彼ですが、その破天荒ぶりと異色さは各国に轟きました。
この麒麟をぜひ我が国にと次々使者が来る者の彼の目にとまるものはおらず。
この麒麟が主にする者とは一体!そして起こるまさかの展開も注目の一つです。

悠然と仁という意味を踏みつぶし闊歩する王者の旅路、刮目せよ。












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://hammerd680.blog.fc2.com/tb.php/231-ce767024

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ