黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
URL:http://www.mai-net.net/bbs/sst/sst.php?act=dump&cate=tiraura&all=25958

「モンスターハンター 現実→憑依 アクラ・ヴァシム」 モンハン 評価B

真っ赤な機械的な瞳。二手四対の足と水晶槌の尾を持つメカニカルボディ。
そんなガミザミにはないどこか昆虫寄りの重厚な甲殻を持つ大型サソリ。
その名はアクラ・ヴァシム。厳密には良く似た亜種あるいは希少種。
主人公はアクラ・ヴァシムに憑依してこの食物連鎖を食い詰めていくお話し。

憑依当初はまだまだ大型サソリとはいえ幼少期。その体はせいぜいが3m。
火山という過酷な条件下であり、付近にはどう猛なイーオスにブルファンゴ。
この弱者である人間の知恵を武器にした狩りをするサソリという所がポイント。
堅実に時に大胆に。空腹な彼は刈り取った命を食べてモリモリ成長。

ゴーヤも真っ青な異常な迄の空腹。幼少期とはいえこれは少しおかしい。
十分な食物を摂取し続ける事に成功した事で、応える用に新陳代謝も大増幅。
希少な鉱石もふんだんに摂取。結果甲殻は恐ろしい強度へと変化します。
この摂取した素材で体が変化し、独自に強化していく所がとってもツボ。

レイアの毒に目を付けたりとひたすら進化していくのを実感できる喜び。
さらにアクラ種の特性を人間の知恵で解釈、成長ホルモンなど多才。
ただ食って強くなるのではなく知恵と応用の人間らしさがあるのがグッド。

現在は近くにハンターの気配。強化したとはいえ彼は狩りの対象。
元人間だけにその恐ろしさは熟知しています。果たしてこの邂逅が生む結果は如何に!?












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://hammerd680.blog.fc2.com/tb.php/225-d6466dd3

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ