黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
URL:http://www.geocities.co.jp/Playtown-Knight/3648/koihime6.html

「鬼人」 恋姫 評価B+

原作天下三分で平定後の中国。北郷は魏に所属。
三国に蔓延する黒い粉、麻薬であるそれを調査する北郷。
恋姫らしからぬダークでシリアスな雰囲気を醸し出す異色の作品。
売人の名は鬼人。その首必ず貰い受ける。

麻薬という恐ろしさ、そして組織という厄介さがたっぷり。
その被害を嫌という程見た北郷は全くの別人になっています。
悪即斬。最大の魅力である優しさを捨てきり非情になりきった彼。
その蔑まれようと泥を被ろうと必ず見つけるという執念が凄まじい。

この捜査というじわじわと追い詰めていく緊張感がたまりません。
鬼人という人外を追う彼もまた化け物。頭のキレと度胸はまさしく鬼。
やがて蜀まで追い詰めるのですが、どいつもこいつも怪しく見える。
この雲を掴む様な手がかりと針の筵で折れない覚悟は本物です。

蜀。いや、濁。ほんわか仲良しの国は危機感が全く足りてない。
恋姫らしからぬこの物語でそれは致命的。補正なんてナイヨー。
情けで生かされている国が図に乗るとこうなる。

そんなハードボイルドな北郷による追走劇。
例えどれだけ変わろうとも本質の優しさは変わらない。
そこに思わず安堵してしまった作品です。この後日談も必見。
鬼人は誰の心にも潜んでいる。そう、誰の心にも。













管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://hammerd680.blog.fc2.com/tb.php/203-29948cfb

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ