黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
URL:http://ncode.syosetu.com/n5231t/

「白馬義従 -隊と共に、貴方の傍へ-」 恋姫 評価C

主人公は幽州、白馬将軍こと公孫瓚に仕える存在。
他の将軍を悉く打ち負かし実力で軍師の座を勝ち取った幽州の戦匠。
戦術と開発を主にし、自分がではなく鍛え抜いたチート騎馬隊が戦力。
この時代には無い西洋の訓練法や武具などを取り入れた作品です。

城攻めや策などで余り騎馬隊の強さが見られない恋姫作品。
その本来むちゃ強い騎馬隊が見れます。武田なり突撃で蹂躙は戦の花形。
この騎馬隊と臨機応変な策での強さを見せつけるのが見所。
お約束の曹操による注目など自尊心を満足させてくれる表現はグッド。

主人公が優秀なだけに色々と劉備軍は酷い物です。
原作での行動はどうあれ、改めて解釈がつくと公孫瓚はどれだけお人好しかと。
厄介しか持ってこない種、どうにかできない歯がゆさは戦で発散するしかない。
無能な味方と無自覚な悪意ほど怖い物です。

そんな優しく才能に悩む公孫瓚とひたすら献身的な主人公達の物語。
時は反董卓連合。原作とはまた違った物語を楽しめます。












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://hammerd680.blog.fc2.com/tb.php/184-ea7dbe8f

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ