黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
笑いの神様が降りてきた、なんて言葉があります。
アイデアも同じ。電波受信なり突如閃いてしまうもの。
このパリィ!状態を如何に発揮するかが作家の鍵。

アイデアを思いつくにも色々あると思います。
必死に考えたりあえて考えなかったり。思いつく環境も様々。
ぽっと出てぱっと消えていくその所行はまさに電波を受信としか。

私の場合は大抵寝る前と入浴中に止めどなく妄想があふれ出ます。
なんともアイデアを書き留めにくい時ばかり閃くのが嫌らしい。
おかげで携帯にメモするのですがいかんせん速さがたりないッ!
キーボードに比べて雲泥の差。打ち込む合間も妄想があふれ出ては
消えていくので終始イライラがとまりません。

夢とか寝る前の事はメモしとかないと忘れちゃうんですよね。
翌朝思い出せなかったり、その事実すら忘れていたり。
三上という言葉は納得ですけど記録するにはなんとも向きません。

一度速度重視で手書きにしたら自分でも読めない暗号文に。
こういうのが1000年後とかに発掘されて研究者を悩ませてくれるはず。

そんなアイデア。物書きをする人なら文章に自動でまとめてくれる機能とか
妄想した事があるのではないでしょうか。夢とか頭の考えをそっくり描写。
羨ましい機能です。ですが脳に電極ぶっさしてメモするのはまだ先のようで。
あぁ無情。












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://hammerd680.blog.fc2.com/tb.php/166-7bc39124

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ