黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
URL:http://ncode.syosetu.com/n2298t/

「ふたりでひとり」 ネギま デモンベイン 評価B-

魔を断つ刃は未だ折れず。ネギま×デモンベイン世界観クロス。
主人公はデモンベイン中毒者なオタク。ただし意識体のみという形。
その意識体が気付けば3才時の刹那の体に憑依。一つの体に両意識共存。
主人公がアル、刹那がクロウという形でのパートナー状態。

そしてネギまの世界かと思いつつ探してみたらなんとあったよアーカムシティ。
そこでミスカトニックに入学し魔術を楽しみます。中毒なだけに知識はなかなか。
主人公はデモンベイン中毒なだけに色々とクロウっぽいです。シリアス正義馬鹿?
刹那の実力もあがり、アーカムの闇を駆逐するのに限界が来た頃転機が。

魔導書アル・アジフ。原作とあるEND後の存在がここで刹那達と契約します。
アルはクロウの嫁!なんて人もご安心。後々わかります。
元々仮とはいえバルザイの円月刀なり作成できる力量。そこからは破竹の勢い。
アーカムというシリアスさとニトロの熱さを兼ね備えた作品。

そこからはブラックロッジとの抗争などで進んでいく物語。まほら関係は今しばらく
先のよう。戦闘の他にも従順な刹那やツンなアルが見れたりと一見の価値あり。
ややリアルな描写があったりとそこは意見がわかれそうな作品でもあります。












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://hammerd680.blog.fc2.com/tb.php/150-11c3f881

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ