黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
URL:http://www.mai-net.net/bbs/sst/sst.php?act=dump&cate=tiraura&all=29234&n=0#kiji

「どうしてこうなった・・・?」 H×H 評価B+

気付けば異世界。鉱山で働くうち薄々おかしさに気付いてH×H世界と確信。
よっしゃオリ主万歳!原作ハーレム!と意気込んで年号を調べてあら不思議。
1872年2月7日。原作開始まであと約127年。人の夢と書いて儚い。

とりあえず念を鍛えることにした主人公。開発までに6年。才能は、ある……のか?
淡々と一人称の日記、独白形式で書かれる文はすらすらと読みやすいです。
そんな恐らくどこまで言っても一般人な主人公。変わったのは発による能力開発。

ここで超強い能力開発!といかないのがこの物語の大変面白いところです。
作った能力はどちらかというと孫の手。痒いところに手が届く非常に念らしい能力。
頭を使って工夫するって大事ですよね。この能力である意味努力の天才に。

そこから年齢が加速します。いや~年の功は馬鹿にならない。塵も積もればなんとやら。
体は凡人、けどオーラ量とその操作は一流。まさしく柔よく剛を制する老人です。
単純な腕力が強さではないと言うことを教えてくれるツボ設定。

ちなみにネテロ会長と立ち会ったりと名場面も用意されてます。老人対老人。
そんな原作まで生きるのか?生きて老かいな老人ポジション?なんて思えば予想外。
この作者色々と手強い。展開を読ませない手腕。続きが気になってしょうがない。

読み手に疲れを感じさせない軽快な文章。そして予想外の展開。ほんわか混じるギャグ。
驚くべきことにまだプロローグ!非常に気になる作品です。どうしてこうなった!












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://hammerd680.blog.fc2.com/tb.php/143-c5b504a7

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ