黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
URL:http://ncode.syosetu.com/n2493o/

「仙水さんが歩むハンター道」 H×H 評価B+

霊力がありすぎるのでH×Hの世界へ転生。姿は幽遊白書の仙水忍。裂蹴拳他完備。
見た目と言っても殆ど仙水をH×H世界に突っ込んだと思う方が早いです。
そのあり方はまさしくダークプリンセス。暗躍するカリスマの第二の団長。
同作者だけに違和感がない世界で仙水がいたら!という妄想を完成させた作品です。

人間嫌いな仙水。明らかに弱い現在は修行あるのみ。三大魔境の樹海でサバイバル。
仙水といってもそこはH×Hの世界。魔獣や過酷な環境はほどよい緊張感を与えます。
途中ビスケに念を教わったりのハプニングもあり。才能を見せつけ実力を上げます。
二つの系統が百パーセントに加え具現化系と放出系というのだからピッタリ。

そこからは原作天沼のように好奇心をくすぐってキルアを手なずけたり修行修行。
アイデアでも呪霊錠をつけたりと外す時が今から楽しみな展開ばかり。
絶対的とまではいかない展開とやり取りが実にH×Hらしいです。

この二転三転する先を読ませない構成が素晴らしい。
もしも仙水がH×Hにいたら?という願いの通りにトラブルを絡ませてくれます。
黒の章という人の醜さを本にした事で団長と出会ったり、旅団と遭遇したり。
果ては魔王やかませの転生者に以前の蜘蛛団員。そしてなんと骸の存在まで。

原作とは全く違う展開。仙水を主軸にしたこの物語。もう一つのH×H。
あのシリアスさと緊張感を見事に再現している今作。読ませます。












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://hammerd680.blog.fc2.com/tb.php/102-c4a4a924

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ