黄金のスコップ 小説紹介

日々発掘する小説をメインに紹介してます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
URL:http://ncode.syosetu.com/n7886m/

「ネギまとガンツと俺」 ネギま 評価B-

ガンツミッションで死亡した大和猛が気付けば麻帆良へ。
あの戦いで培った冷静さによる思考の結果2-Aの副担任に。
原作から始まり秘密裏に裏で蠢く星人を駆逐するお話しです。

魔法という不可解な世界、そして異形がいるとはいえ彼のすることは変わりません。
混乱の中でも未だ続くガンツミッションの遂行。異物の速やかな排除。
数ある戦線をかいくぐった彼は年齢に不相応なまでのポテンシャルを発揮。
型も美しさも無いド素人。ただ生き残る事のみを考え身に付いた技術は見物。

ちなみに星人駆逐用の武器はあり。お馴染みガンツスーツやXガンなど。
おかげで身体能力などが異常なネギま世界でも見劣りはしません。
このスーツと戦闘技術による見せ場はガンツ世界の非情さをしっかり表現。
やらなければやられる。実体験による残酷さはとても異常で目立ちます。

表では原作通りにほのぼのとして進む戦闘の最中、裏ではまさに激戦の連続。
シリアスで血みどろな星人との戦闘は如何にネギらが甘いかを思い知らしめます。
ギリギリに追い込まれて勝ちをもぎ取る緊張感。もはやどちらが化け物なのか。

厳しいけど優しい。そんな広い背中で頼もしさを感じさせてくれる彼。
孤独に戦い抜く描写も楽しめればその強さを認められる楽しさもあり。
凄腕の実力者として尊敬し畏敬される視線はむずがゆくも中々良い物です。
このヒロイン達に心配されながら孤独に戦い抜く所がツボ。

結末は大軍相手の絶望など最後まで戦士としてのあり方を貫いてくれます。
しっかりと完結しているのもグッドな作品です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ